border

2018-2019年度旭川ロータリークラブ活動方針

 2018〜2019年度国際ロータリーーバリー・ラシン会長は、
「インスピレーションになろう」(BE THE INSPIRATION)をテーマに掲げられました。
 ロータリアンの魂、すなわち、より良い世界への切望、そして、より良い世界をつくることは可能だという、 心の奥深くにある真の自覚を呼び起こすインスピレーションを、クラブや、他のロータリアンに与えて下さい。 自分より長く、後世にも生き続けるものを生み出すために、行動を起こす意欲を引き出していただきたいのです。 と述べられています。
 また、そのロータリーのビジョンを実現するために、マザーテレサの言葉を借りて、
「世界を変えたいなら、家に帰って家族を愛しなさい。先ずは自分を変えることから始め、そこから、外に向けて努力をしなさい」と言われております。

 R1第2500地区細川吉博ガバナーは、
 私達は「世界を変える行動人」として活動することにより、自分自身のみならず、多くの他の人に大きな贈りものを送ります。 そして、未来へつながるインスピレーションを絶えず与えることにより、地域社会や世界中の人々に貢献して平和を推進していきます。 と、先ずは、自分自身や、身の回りのひとを変える行動によって、一人一人の力は小さくても多くの人たちが手を取り合うことで、素晴らしいことを起こすことが可能であるとして、 地区活動方針を
「行動するロータリー、つながるロータリー~ロータリーの未来を考えよう」とし、以下の地区活動目標を掲げられました。

地区活動目標
1.会員増強と退会防止 2.公共イメージと認知度の向上
3.ポリオプラス及びロータリー財団への協力 4.ロータリー賞を各クラブが目指す
5.地区内での新クラブの設立を奨励する 6.米山記念奨学会への協力
7.各種会合への積極的参加の奨励 8.地区事務所のあり方についての研究

 R1会長、地区ガバナーの方針を受けて、旭川ロータリークラブは、
「歴史と伝統を原点に、未来へつながる活動に取組む」をテーマに
先達が創り上げてきた当クラブの歴史と伝統を踏まえた奉仕理念の原点に立ち返り、より知識を深め、親睦・高潔性・多様性・奉仕などを通じて、 会員ひとりひとりが、ロータリ一会員であることの恩恵を享受できることを、何よりも大事にして、 (要するに、原点に立ち返って、先ずは自分自身が、ロータリー会員であることの恩恵を享受した上で、他にインスピレーションを与える行動で)、 変化を生み出す行動や、未来につながる活動に取組んでいきたいと考えております。

旭川口ータリークラブ活動方針
 1.クラブ、職業、社会、国際の各奉仕活動の充実と実践を計る
 2.例会運営の充実で、会員同士の親睦と友情、そして、奉仕の理念を共有する
 3.会員増強に努め、クラブの活性化を図る
 4.ロータリー財団、米山記念奨学会、旭川口ータリー育英財団への理解と協力
border  旭川ロータリークラブ
 2018-2019年度会長

 鎌田 嘉範