border

2019-2020年度旭川ロータリークラブ活動方針

 2019~2020年度 国際ロータリー マーク・ダニエル・マローニ会長は「ロータリーは世界をつなぐ」をテーマに掲げました。 これから、より多くのことを達成するために、会員を増やすこと、ロータリーを成長させること。ロータリーで私たちは、 お互いの違いを超え、深く、意義あるかたちでお互いにつながることができます。 ロータリーでの経験の中核にあるのは『つながり』であるとマローニ会長は述べています。
 さらに、ロータリーを通じて私たちは、人類の素晴らしい多様性とつながり、共通の目的に置いて末永く続く深い絆を創り出します。 世界がこれまで以上に分断する今日、私たち全員をつなぐのはロータリーです。 と続け、そして、忙しい職業人や家族の都合で忙しい会員にもリーダーの役割を果たしてもらえるように工夫をし、 ロータリーでの活動と家族との時間が競合せず、互いに補完し合うような文化を作っていく必要があると述べられました。
 RI第2500地区 吉田潤司ガバナーは『今私たちロータリアンにとって最も大事なことは、 自分の言葉できちんと「ロータリーとは、・・・・こういう団体です。あなたも入会しませんか?」と胸を張って、誇りをもって話すことができるようになることです。 ロータリーを学び、自分の口から「ロータリーは・・・・です」と言えることが必要なのです。』と述べ、地区の活動方針を
「知らずて語れず!」
       ロータリーを学び、ロータリーを語り、ロータリーを楽しみ、
                 そしてロータリーに誇りを持とう!

とし、以下の地区活動目標を掲げられました。

地区目標
①会員増強  すべての源は会員増強しクラブを活性化することから始まります。
②奉仕活動に積極的参加  財団、米山奨学会に関心を持とう。ポリオに終止符を打とう。
③ My Rotary 登録  すべての情報は、My Rotary にあります。活用することが学びにつながります。
④ロータリー賞に挑戦  チャレンジする心意気が大事です。
⑤クラブの目標  どんなクラブになりたいか、こんなクラブになる。目標を持ちましょう。

 R1会長、地区ガバナーの方針を受けて、旭川ロータリークラブは、
「歴史と伝統を原点に、未来へつながる活動に取組む」をテーマとして
 1.奉仕の理念に立ち返り、クラブのあり方を考える
 2.参加してよかった。という例会運営に努める
 3.会員増強に努め、会の活性化と若返りを計る
 4.ロータリー財団、米山奨学金、旭川ロータリー育英財団への理解と協力
以上4点を本年度のクラブ目標とします。
 歴史と伝統ある旭川ロータリークラブを創り上げて来た先達の思いを踏まえ、奉仕の理念を大事にし、会員同士の親睦を大事にし、 そして家族を大事にして、未来につながる活動に取組んで行きたいと思います。
 誠心誠意、1年間クラブの運営を務めさせて頂きます。
 どうぞ皆様、ご指導ご協力のほど宜しくお願い申し上げます。
border  旭川ロータリークラブ
 2019-2020年度会長

  新田 守