border

2017-2018年度旭川ロータリークラブ活動方針

RI、イアンH.S.ライズリー会長は「ロータリー:変化をもたらす」をテーマに掲げました。
私にとってロータリーとは、「どのような団体か」ではなく「何をしているか」で定義されます。
「ロータリーとは何ですか」という問いに、私たちは行動をもって、答えます。
 組織として各クラブがロータリー奉仕を独自に定義することが、かつてないほど重要であると自覚しています。
ロータリアンである私たちは、これまでよりも柔軟に、クラブの例会、活動、発展の方法を決定でき、 地域社会の特色をクラブに映し出すことに力を注ぎ、ロータリーが世界有数のボランティア組織であり続けるよう努力しています。
 ロータリー入会のきっかけが何であれ、私たちがロータリーにとどまり続けるのは、ロータリーで充実感を得ることができるからです。
この充実感は、毎週、毎年、「変化をもたらす」ロータリーの一員であることから湧き出てくるものと言っています。

 成瀬則之地区ガバナーは地区活動方針を
「今こそ活動を!」
   -クラブが元気になるために
      地区が元気になるために
         そして私たちの未来のために-
とし、以下の地区活動目標を掲げています。
①ポリオに終止符を
②RI戦略計画を理解し、クラブの戦略計画を立てましょう
③MY ROTARYに登録しよう
④青少年プロジェクトを積極的に推進しましょう
⑤RI会長賞にチャレンジを
⑥会員基盤の多様性を高める努力をしましょう

RI会長,地区ガバナーの活動方針をもとに旭川ロータリークラブのテーマは
-旭川ロータリークラブが旭川ロータリークラブたるために-
「今、歴史と伝統を認識し、変革に取り組もう」

活動方針
1.歴史と伝統を踏まえた奉仕活動に取り組む 
2.より親睦を深めるための行動を実践する  
3.会員一人ひとり活動の輪を広げ仲間を増やす
 以上の3点を目標に取り組みます。
2016年のRI規定審議会で大幅な変更があり手続要覧が改定されました。
各ロータリークラブがその国・地域に適合した活動等に、より柔軟に取り組めるようになりました。
決してロータリークラプが奉仕団体として従来と比べて、活動内容・運営等が後退するのではなく、 ロータリークラブの活動をより一層活性化させ発展させるために時代の変遷や地域特性にも対応できるよう改革したものと理解しています。
今こそ、旭川ロータリークラブも変化しなければなりません。
RIは創立112年、我が旭川クラブは84年続くロータリー活動の節目にもなる年度かと思います。
 会員皆様のご協力を頂きながら未来につながるようクラブ運営を務めたいと思いますので、ご指導ご協力の程何卒宜しくお願い申し上げます。
border  旭川ロータリークラブ
 2017-2018年度会長

 林 孝幸